大森で3万人以上を診た実績を持つ、痛くない施術で大人気の大森北田中鍼灸院

大森北田中鍼灸院 HOME > 症状別ページ > 胸膈出口症候群でお悩みのT様(40代女性 会社員)

症状別ページ

胸膈出口症候群でお悩みのT様(40代女性 会社員)

5年ほど前から左腕に痛みと重怠さがあり、徐々に腕に力が入らない状態になってしまい食事をするときに箸を持つことも出来なくなってしまった。仕事の事務作業などペンで字を書くことも出来なくなり病院で検査を受け胸膈出口症候群と診断を受ける。病院と接骨院で治療を受けてきたが全く良くならず徐々に悪化をしているのを食い止めたく当院に来院。
 

【1回目】

電車通勤時吊革につかまることが出来ず時々転倒してしまうためまずはそこを改善したいという事で首から肩にかけてT&S療法で骨格の矯正をおこなった。三角筋、斜角筋、棘下筋の硬結圧痛が診られ、外転、屈曲時の重怠さを強く感じる。矯正後重怠さはなくなり痛みの軽減もできた。
 

【10回目】

重怠さはなくなり吊革をつかまることが無理なくできるようになった。痛みという痛みはなくなったがペンを握ることが難しい。
 

【15回目】

ペンを握る手に力が入ってきた。まだ今まで通りとはいかないものの掻けるようになってきた喜びを感じてる。
続けてT&S療法で腕と首の矯正をおこなった。
 

【30回目】

字が書けるようになり仕事に支障は全くでなくなった。
 
 
胸郭出口症候群は血管や神経の圧迫を引き起こすことで手の筋力低下も起こす可能性のある症状で、長期化してしまうと完治は難しいとされるものです。
 
病院でも結果が出ないのは神経や血流の流れの改善に至らなかったためで、温める事だけが症状の流れを良くするものではなく、骨格、関節、その周囲の筋肉・靭帯の配列や歪みの矯正をおこなうことが最重要となります。
 
この症状は早期治療がとても大切なため胸郭出口と診断された場合はしっかりと身体を診て体の矯正をおこなうことが重要です。

大森北田中鍼灸院

■所在地 〒143-0016 東京都大田区大森北2-4-9
■行き方 JR京浜東北線大森駅徒歩7分 私鉄京浜急行線大森海岸駅徒歩5分
■責任者 田中 誠司
■受付時間 9:00~13:00 /
15:00~20:00
■定休日 木曜日 日曜日 祝祭日
026-405-4355
お問い合わせ

お知らせ

アクセス

〒143-0016
東京都大田区大森北2-4-9
JR京浜東北線大森駅 徒歩7分
私鉄京浜急行線大森海岸駅 徒歩5分
>>詳しい行き方はこちら

ご予約・お問い合わせ

03-6459-6284

■受付時間 【平日・土曜日】
9:00~13:00 / 15:00~20:00
■定休日 木曜、日曜、祝祭日

まずはお気軽にお問い合わせください!

ページトップ