大森で3万人以上を診た実績を持つ、痛くない施術で大人気の大森北田中鍼灸院

大森北田中鍼灸院 HOME > 症状別ページ > 変形性膝関節症でお悩みのI様(60代女性)

症状別ページ

変形性膝関節症でお悩みのI様(60代女性)

8年前から左膝の違和感を感じていて時々カクッとなりその時には痛みが出ていたが、3年前から左膝が徐々に痛み出し膝に水も溜まってしまった。整形外科に受診し変形性膝関節症と診断を受けお薬とマッサージ等受けていたが全く良くならず正座もできなくなってしまった。鍼灸を受けたことがなかったが良くなるのならと勇気をもって受診された。
 

【1回目】

安静時痛はないが椅子からの立ち上がりや初動作はかなり激痛が出る。膝はかなり冷たく水が溜まっていて皮膚に光沢が出ていた。膝の屈曲は45°で痛みが強く出てしまう。
 
また股関節の可動も悪く完全屈曲は不可能で90°までで痛みは出ないが引っかかってしまう。
 

【5回目】

椅子からの立ち上がりはまだ痛みがあるが、皮膚の光沢が減ってきて膝の屈曲がしやすくなり完全屈曲は痛みが出るが可能になった。股関節の完全屈曲はまだできないが100°まで広がる。
 

【10回目】

立ち上がり、初動作の痛みはずいぶん減っている。水の溜まりはなく屈曲時の痛みはあるが痛みは70%くらい減っている。
 

【18回目】

膝の痛みはなくなり膝関節、股関節共に完全屈曲可能になった、立ち上がり・初動作も痛みなく正座をすることも出来るようになる。
 
 
 
この患者様は8年前から膝の違和感があり徐々にいたみが発生し歩行も痛みが出てしまうという非常に辛い数年を過ごされて、変形性膝関節症という事で痛み止めなどお薬でも、マッサージなどの対症療法でも効かずどうしたらいいのか悩まれていました。
 
こういった関節の痛みというのは胃腸などの消化器官の影響も少なからず関わってきています。「変形」だからといって骨や関節、その患部のみの原因というのは限りなく少ないです。
 
今回の様に膝とは関係のなさそうな股関節の可動域の異常も診られるため全体的な体の状況を把握し施術をおこなわなければ何年も痛みを抱えていかなければならなかったでしょう。
 
関節の痛みに関すること全般として言えることは外傷等による影響がない限り基本的に関節自体の問題は殆どないという事を改めて分かる症状である。

大森北田中鍼灸院

■所在地 〒143-0016 東京都大田区大森北2-4-9
■行き方 JR京浜東北線大森駅徒歩7分 私鉄京浜急行線大森海岸駅徒歩5分
■責任者 田中 誠司
■受付時間 9:00~13:00 /
15:00~20:00
■定休日 木曜日 日曜日 祝祭日
026-405-4355
お問い合わせ

お知らせ

アクセス

〒143-0016
東京都大田区大森北2-4-9
JR京浜東北線大森駅 徒歩7分
私鉄京浜急行線大森海岸駅 徒歩5分
>>詳しい行き方はこちら

ご予約・お問い合わせ

03-6459-6284

■受付時間 【平日・土曜日】
9:00~13:00 / 15:00~20:00
■定休日 木曜、日曜、祝祭日

まずはお気軽にお問い合わせください!

ページトップ