大森で3万人以上を診た実績を持つ、痛くない施術で大人気の大森北田中鍼灸院

大森北田中鍼灸院 HOME > 症状別ページ > 肩こりについて

症状別ページ

肩こりについて

【肩こりとは?】

肩こりは肩が凝るという言葉であるが、肩こりという言葉は海外では説明が難しく、日本でも病名として扱われていません。肩こりの定義が明確にあるわけではないため、単純に首や肩にかけての凝りや張り・重怠さなどを総称して肩こりと呼ぶことが多い。症状が重くなれば頭痛や吐き気といった症状も現れ、人によっては天候や季節、生活環境によって症状が増悪することもあります。

【肩こりの原因】

肩こりの原因は主に僧帽筋や菱形筋と呼ばれる首から肩甲骨(背中)にかけてある浅層の筋肉の影響や、後鋸筋や脊柱起立筋、板状筋などの深層にある筋肉のこわばりや重苦しさによって肩こりは発生していきます。

また、現在では第二の脳と呼ばれる「腸」が話題となっていますが、これも非常に肩こりと大きな関わりがあります。腸などの消化器官は体の修復をするための働きをしていますが、腸の機能が低下し蠕動運動がなかなかできずにいると、体の血液が全身を巡ることができず肩などの筋肉が張りやすく重苦しさを感じることが多くなります。

【現代人に多い理由とは?】

パソコンやスマートフォンの普及により仕事だけではなく日常生活を送るうえでなくてはならないものとなりました。仕事では常にデスクに座って長時間の作業を行い、仕事が終われば帰宅時や就寝直前までスマートフォンを使っていますね。

常に目を酷使し肩や首の筋肉を硬直させる姿勢と長時間の座り仕事によって内臓系(腸)の圧迫を長時間受けるため、睡眠の質の低下が起こってしまいます。睡眠の質が低下すると体の修復する時間が無くなり朝起きても疲れが取れず全身が重怠くなるという悪循環を引き起こしてしまいます。1時間置きに休息を取り体を伸ばしたり、目を数分でも休ませることが体の負担を減らすことに繋がります。

【東洋医学から診る肩こり】

肩こりは主に大腸と肺の機能低下によって引き起こされていきます。大腸というのは胃や小腸から飲食物の残渣を受けて運搬をして、体外へ排泄する消化過程の最終の腑となります。この大腸の機能異常が起これば、飲食物のカスが排泄されず体に滞ることで正常に血液が巡らずに蠕動運動の抑制を促してしまいます。鍼灸をおこなうことで大腸の機能を正常に戻し、かつ駅を全身にめぐらすことで肩こりの改善を可能にします。

次に肺ですが、肺は大腸と表裏関係にあり、人体の血液の循環調節をし、五臓をよく協調させています。ですから、血液系の異常では肺に対する施術も非常に大切です。肺は呼吸作用によって人体の生命維持作用を発揮し、呼吸器系の異常は鼻や気管などに影響するため、その負担を減らすように首や肩などの筋肉を硬直させてしまいます。鍼灸治療はその負担を減らし肺や大腸の機能を整えることで正常な体に矯正することができるようになります。

【肩こりを改善する鍼灸治療】

肩こりを改善するためにおこなう鍼灸治療は肺と大腸の機能を向上し全身に血液を巡らせ、不必要な体の老廃物を除去させることが最優先です。鍼灸によって内臓系の機能を高めることで人体の負担がなくなり筋肉が弛緩され肩こりの改善が可能となります。

大森北田中鍼灸院

■所在地 〒143-0016 東京都大田区大森北2-4-9
■行き方 JR京浜東北線大森駅徒歩7分 私鉄京浜急行線大森海岸駅徒歩5分
■責任者 田中 誠司
■受付時間 9:00~13:00 /
15:00~20:00
■定休日 木曜日 日曜日 祝祭日
026-405-4355
お問い合わせ

お知らせ

アクセス

〒143-0016
東京都大田区大森北2-4-9
JR京浜東北線大森駅 徒歩7分
私鉄京浜急行線大森海岸駅 徒歩5分
>>詳しい行き方はこちら

ご予約・お問い合わせ

03-6459-6284

■受付時間 【平日・土曜日】
9:00~13:00 / 15:00~20:00
■定休日 木曜、日曜、祝祭日

まずはお気軽にお問い合わせください!

ページトップ